20130222 【今夜の精油話 Pelargonium graveolens】

2013年2月22日

今夜は穏やかな美しい香り、ゼラニウムです。


英:ゼラニウム 
学術名:Pelargonium graveolens(ペラルゴニウム・グラウェオレンス)
科名:フウロソウ科
抽出部位:花と葉
抽出法:水蒸気蒸留法
支配星:金星

ゼラニウム.jpg
 
エピソード
別名ローズゼラニウムと呼ばれ、バラの花の芳香を持つ。ゼラニウムとローズウッドをブレンドし、
ローズの代用として香りを楽しむ事も出来ます。
この植物の果実がコウノトリのくちばしに似ていることから、
(pelargos(ペラルゴス)コウノトリ)この名がついたと言われています。また、天は預言者モハメットの徳を讃えるため、
創造したと言われています。

 
古代より、ゼラニウムは素晴らしい治癒力を持つ植物とされ骨折の薬とされたり、腫瘍をも取り除くとされていました。
さらに、何世紀もの間、人々はこの植物の力を信じ、悪霊を寄せ付けない為家の周りに植えていました。
この精油は、非常にバランスをとる事にたけており、肉体や精神をあるべき正常な位置に戻してくれます。
心のバランスと取り戻させてくれ、ストレスを軽減します。また肝臓や腎臓及びリンパ系を刺激し、
体内の毒素排泄や体液循環を促してくれます。
ホルモン系のバランスも正常にする機能があるため、女性の不快な症状に役立ちます。
また、乳房の炎症とうっ滞にも有益だと言われています。
ちなみに、地球を取り巻くオゾン層はかすかにゼラニウムの香りがするそうです!(誰が香ったんでしょうね

 
私のゼラニウム
ゼラニウムは、少し湿っぽさを感じる潤いのある流れる香り。鼻の奥から腹部奥へおりていく感覚。
体中に広がり、私の中心に集まってくる。
木陰の美しい小川のそばで、その人は優しく微笑んでいた。清楚で美しいけれど匂いたつ華やかさ。
不安に苛まれ悶々としながら落ち込んでいる私を、彼女は手をとり励ましてくれる。涙した時は優しく微笑み、
打ち振るえている時にはしっかり抱きしめ、不安な時は明るい未来を教えてくれる。
なんて落ち着く香りだろう。私の気持ちも穏やかに、華やかに明るくなっていく。
あの人はまだ、あの小川にいるのだろうか?
ゼラニウムは、決して忘れる事のない穏やかで美しい香りです。

 
【今夜の精油話】はココ迄です。あなたにとってのゼラニウムはどんな香りでしょうか。。
明日も良い1日でありますように!
http://www.conge.jp/

 
« 前へ | 20130222 【今夜の精油話 Pelargonium graveolens】 | 次へ »

ご予約・お問い合わせフォーム