20130111 【今夜の精油話 Salvia sciarea】

2013年1月11日

今夜は心眼の香り、クラリセージです。


英:クラリセージ 
学術名:Salvia sciarea(サルウィア・スクラレア)
科名:シソ科
抽出部位:葉と花の咲いた先端部分
抽出法:水蒸気蒸留法
支配星:月
クラリセージ.jpg

 
 
エピソード
昔、この植物の種からとった粘液で目の中の異物を取り除き、目をすきりと清浄するのに使われており、
「クリア・アイ」と呼ばれていました。
クラリセージという名前は、「明るい」「清浄な」を意味するラテン語の「クラルス」からも由来しています。
この精油は、非常に鎮静力がありとても心を静めてくれ、また気分を明るく高め幸福感を与えてくれます。
すっと天に向かって上へ咲く花と対象に、地面に向かって広がる葉の様子から、
両極端をバランスよく整える特徴があります。
ハート型の葉からは、心(ハート)に役立つとも言われてます。
 


私のクラリセージ
感じてみる。甘く暖かな香りは私の体温を少し上昇させ、あらゆる神経を緩めていく。
香りはどんどん上に昇って頭の中がユラユラ揺れて・・・不確かでいてクリアで。
サラサラと流れる1滴のクラリセージによって、目の前の暗闇が嘘のように明るく開けてよく観える。
産道を抜けた後の眩しさ。
一瞬にして開く心眼。
 


【今夜の精油話】はココまでです。
皆さんにとってのクラリセージの香りはいかがですか?
明日も良い1日でありますように☆
http://www.conge.jp

 

 

« 前へ | 20130111 【今夜の精油話 Salvia sciarea】 | 次へ »

ご予約・お問い合わせフォーム